【ワンピース】ルフィが誘ったヤツが本当に付いてきた時の異名を考えてみた【ガイモン編】

漫画

どーも浪川です。

今回は漫画ワンピースに登場する魅力的なキャラクターの中でも人気投票上位常連のあの人にフォーカスを当てたいと思います。

ズバリ、「ガイモンさんがルフィの誘いを断らず一緒に海に出ていたら、その後どんな異名が付けられていたのか」を考えてみたいと思います。

それではいきましょう。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”森の番人”ガイモン


まぁ普通に考えればコレなんですよね。

この内容を考えること自体が普通かどうかはさておき考えるとしたらまずコレなんですよ。
でもルフィ達の仲間になったら森の番人じゃなくなっちゃいますからね。別の異名が必要になりますね。

却下です。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”箱入りドラ息子”ガイモン


箱入り息子とドラ息子を掛けた割と上手いこといった(何が)ネームなんですが、ガイモンに息子感がないのでダメですね。箱詰めクソ親父ですからねどっちかと言うと。
ただの悪口だから却下ですね。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”ミミック”ガイモン


ご存知ドラゴ○クエス○に出てくる宝箱に擬態した奴ですね。ミミックの語源はドラ○エ特有のものではなく「擬態」という意味らしいのでコレはありかもしれません。
擬態しきれてないですけどね。
マリモ頭がはみ出してますもんね。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”マリモのガイモン”
これはクソダサい。
皆さんの言う通りせめてマリモ・ザ・ガイモンですよね(誰も言ってない
恐らくですがこの「見た目のマリモ被り」彼が仲間にならなかった最大の原因でしょうね。
既にゾロが仲間になってたのでね。
流石にマリモ♂→女性航海士→マリモ♂の順番で仲間にしたらもう海賊なのかなんなのか意味不明でしたからね。


「いやいやゾロと被ってる訳ねぇじゃん」とゾロファンの方々は思いたいところでしょうが、残念ながらモロ被りしています。


その証拠に尾田栄一郎大先生はガイモンの島に上陸する際、ゾロを下船させていません。
これは読者にキャラ混同を起こさせない様にするためのテクニックです。

流石です。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”チャンピオン”ガイモン


まあマリモも見方を変えればアフロですからね。つまりチャンピオンなんですよ。
コレはいいですね。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

ガイモン・ザ・”チャンピオン
後ろに付けるパターンも良いですね。なにせアフロはチャンピオンですから。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”チャンプ”・ザ・ガイモン
このパターンもいいですね。響き的にもリューマ・ド・キング的な感じで良い気がします。アフロはチャンp

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”チャンプ・D・ガイモン”

衝撃の事実発覚です。
でも確かにワンピースの正体は形ある「大秘宝」と言われていますからね。
本来はお宝が入っているハズの宝箱に入っているガイモンが超重要人物であっても何も不思議ではありません。
ん?つまり・・・??

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”ひとつなぎのガイモン”
はい、つまりこういうことです。
ガイモンがもし仲間になっていたら、後々ガイモンがワンピースの正体だったなんて事実も十分にあり得ました。
なにせしらほしがポセイドンですからね。ガイモンがワンピースの正体でも少しもおかしくありません。

以上です。
今回はガイモンの異名について考えてみたら、Dの一族やワンピースの可能性にまで辿り着いてしまったという衝撃の結果になりました。

なんでも掘り下げてみるもんです。

最後に私の最も気に入ってる異名でお別れしたいと思います。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

”嘘つきのガイモン”

いや何でやねんと。
あの話で優しい嘘をついたのはルフィの方だろと。


皆さんそうお思いだと思いますが、読み込みが甘いです。


就活始めたての大学生くらい甘いです。

ガイモンが20年間の時の長さを語る際に「眉毛まで繋がっちまった」と言っていましたよね。

「確かに眉毛が繋がるって相当長いわ」と思った矢先、回想シーンで驚愕しました。

出典:ONEPIECE コミックス3巻より

つ、繋がっとる!!
コイツ最初から眉毛繋がっとるやないか!!!

ハイ、という訳で彼は芸人さながらに話を盛るタイプだったのです。

尾田先生は恐らく嘘つきキャラが仲間に欲しかったのでしょうね。


ただガイモンさんの嘘は分かりにくいタイプだったので、その反省を活かしウソップというキャラクターが生まれた訳ですね。流石としか言いようがありません。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました